理工学部 建設システム工学科 都市・交通計画系
研究実績学会・論文実績


学会発表・論文実績


平成23年度

<審査付き論文>

【交通工学研究会】第32回交通工学研究発表会論文報告集
 1.加藤良介,松本幸正 「バス停間ODデータを用いたコミュニティバス運行形態変更の影響に関する分析」

【学内紀要】名城大学理工学部研究報告第52号
 1.加藤良介,松本幸正「コミュニティバスの再編前後におけるバス停間ODの利用実態の変化に関する分析」

<発表会論文>

【土木学会 全国大会】第66回年次学術講演会 in愛媛大学
 1.加藤良介,松本幸正, 「バス停間ODデータに基づくコミュニティバスの運行形態の影響分析 ~愛知県日進市「くるりんばす」をケーススタディとして~」
 2.宮地祐麻,松本幸正,古井良典 「利用目的に着目した駅前広場改善項目の比較分析」
 3.中嶋俊介,松本幸正 「三岐鉄道北勢線のリニューアル事業による新規利用者率の算出」
 4.日比野亮,松本幸正 「蓄積データに基づく都市高速道路における所要時間の予報手法の検討」

【土木計画学】第44回土木計画学研究発表会・秋大会 ポスターセッション in長良川国際会議場
 1.加藤良介,松本幸正 「再編前後におけるコミュニティバス利用者の乗車時間分布と利用者意識の変化に関する分析」
 2.日比野亮,松本幸正 「蓄積データに基づく都市高速道路における所要時間範囲の予測」

【日本都市計画学会中部支部】第22回研究発表会 in三重
 1.加藤良介,松本幸正 「コミュニティバスの運行内容の変化が利用者意識に及ぼす影響 ~愛知県日進市くるりんばすの再編を対象として~」
 2.宮地祐麻,松本幸正 「妻籠宿における観光客の意識構造と散策行動の基礎的分析」

【J-RAIL】第18回鉄道技術連合シンポジウム in東京国立オリンピック記念青少年総合センター
 1.宮地祐麻,加藤良介,松本幸正,古井良典 「鉄道駅に対する満足度構造と施設状況の関係分析」
 2.中嶋俊介,岩本留佳,松本幸正 「駅利用者およびアクセス手段に影響を及ぼした三岐鉄道北勢線リニューアル事業の分析」

【土木学会中部支部】平成23年度土木学会中部支部 in信州大学
 1.加藤良介,松本幸正 「「満足度」「頻度」「外出保障」に着目したコミュニティバスの利用者評価に関する一考察」
 2.井上直也,松本幸正 「スプライン補間曲線を用いた都市高速道路における所要時間推定の精度向上に関する研究」
 3.坂田暁彦,松本幸正, 鈴木秀和 「利用者ニーズの把握とAndroid端末を利用した簡易バスロケーションシステムの開発可能性」
 4.大島達哉,松本幸正 「信号からの距離に着目した信号表示状態の違いによる車両挙動の基礎的分析」


平成22年度

<審査付き論文>

【学内紀要】名城大学理工学部研究報告第51号
 1.宮地祐麻,松本幸正 「利用者意識に基づく鉄道駅のあり方に関する研究」
 2.中嶋俊介,松本幸正 「三岐鉄道北勢線のリニューアル事業による利用転換者の特性分析」
 3.日比野亮,松本幸正 「SMVを用いた都市高速道路における所要時間の付加的情報の提供可能性に関する一考察」

【ITS世界会議】The 18th World Congress on Intelligent Transport Systems  in Orlando
 1.Hibino R, Matsumoto Y, 「Prediction of Travel Time Trend on Urban Expressway Using Vehicle Occupancy」

<発表会論文>

【土木学会 全国大会】第65回年次学術講演会 in北海道大学
 1.宮地祐麻,松本幸正,古井良典 「利用者意識に基づく駅前広場の整備改善項目の分析」
 2.日比野亮,松井寛,松本幸正 「サポートベクター回帰による都市高速道路におけるオキュパンシーの短期予測に関する研究」

【J-RAIL】第17回鉄道技術連合シンポジウム in東京国立オリンピック記念青少年総合センター
 1.宮地祐麻,松本幸正 「利用者意識と整備量に基づく駅前広場に対する利用者ニーズの分析」
 2.中嶋俊介,松本幸正 「三岐鉄道北勢線のリニューアル事業による利用者増加の要因分析」

【日本都市計画学会中部支部】第21回研究発表会 in名城大学
 1.宮地祐麻,松本幸正 「利用者属性の違いからみる駅前広場改善項目の分析」
 2.中嶋俊介,松本幸正 「リニューアル事業実施後の三岐鉄道北勢線における輸送人員の増加要因に関する一考察」

【ITSシンポジウム】第9回ITSシンポジウム in京都大学
 1.日比野亮,松本幸正 「都市間高速道路における占有率の時間変動に基づく所要時間増減傾向の予測」

【土木学会中部支部】平成22年度土木学会中部支部 in中部大学
 1.宮地祐麻,松本幸正 「利用者意識と施設設備量を用いた駅構内施設改善項目の分析」
 2.加藤良介,松本幸正 「循環形態の変更に伴うコミュニティバス利用実態の変化の分析」
 3.宮下翔太,松本幸正 「コミュニティバス運行の税負担に対する利用者意識の自治体間比較」
 4.鈴木聖,松本幸正 「利用者意識に影響を及ぼすコミュニティバスの運行形態の変化に関する一考察」
 5.日比野亮,松本幸正 「SVMを利用した都市高速道路における所要時間増減傾向の判定と予測」
 6.岩本留佳,松本幸正 「入力条件が時間帯別利用者近郊配分の結果に及ぼす影響の一考察」
 7.中嶋俊介,松本幸正 「交通手段選択理由に対する意識変化が交通手段分担率にもたらす影響分析」


平成21年度

<発表会論文>

【土木学会中部支部】平成21年度土木学会中部支部研究発表会 in金沢工業大学
 1.宮地祐麻,松本幸正 「ガソリン価格高騰による平日と休日における交通行動変化の比較分析」
 2.近江克哉,松本幸正,鈴木聖 「再編前後におけるコミュニティバス利用実態の変化に関する分析」


平成20年度

<審査付き論文>

【土木計画学】土木計画学研究・論文集,Vol.25
 1.松本幸正,古井良典,松井寛 「意識評価の非対称構造に基づく生活環境要因の分類と評価改善効果の分析」

【ITS世界会議】The 15th World Congress on Intelligent Transport Systems  in New York
 1.Matsumoto Y, Suzuki T, Matsui H and Noda K 「Analysis of Route Choice Behavior and Consciousness About Travel Time Information on Expressway」

<発表会論文>

【土木学会 全国大会】第63回年次学術講演会 in東北大学
 1.榊原充輝,松本幸正 「利用者属性に着目したコミュニティバス利用者満足度向上施策に関する一考察」
 2.鈴木忠英,松本幸正,榊原充輝 「仮想ネットワークを用いた所要時間増減情報の経路選択行動に及ぼす影響分析」

平成19年度

<審査付き論文>

【交通工学研究会】第27回交通工学研究発表会論文報告集
 1.松本幸正,鈴木忠英,松井寛 「都市間高速道路における所要時間情報提供の現況と高度化に対する意識分析」

【ITSシンポジウム】第6回ITSシンポジウム in神戸大学
 1.松本幸正,鈴木忠英,松井寛 「都市間高速道路における車両感知器を用いた所要時間推定モデルの特性比較」

【世界交通学会】The 11th World Conference on Transportation Research  in Berkeley
 1.Matsumoto Y, Tani Y, Matsui H 「Accuracy Improvement of Estimated Time-of-Day O-D Flows Using Traffic Counts」

【学内紀要】名城大学理工学部研究報告第48号
 1.鈴木忠英,松本幸正 「高速道路における提供所要時間に対する意識と経路選択行動分析」
 2.榊原充輝,松本幸正 「トリップに基づく利用者減少期における鉄道利用者の特性分析」

<発表会論文>

【土木計画学秋大会】第36回土木計画学研究発表会 in八戸工業大学
 1.古井良典,松本幸正,伊東裕晃 「暮らしやすさに対する生活環境要因の影響形態の経年比較分析」
 2.榊原充輝,松本幸正 「コミュニティバスの運行形態と利用者属性及び満足度との関係分析」

【土木学会全国大会】第62回年次学術講演会 in広島大学
 1.谷幸成,松本幸正 「時間観測地点数に着目した時間帯別OD交通量の段階的推定」
 2.古井良典,松本幸正 「岡崎市市民意識調査結果を用いた生活環境要因に対する住民意識の経年変化分析」
 3.榊原充輝,松本幸正 「トリップに着目した三岐鉄道北勢線における利用者特性の時系列変化」
 4.鈴木忠英,松本幸正 「高速道路における提供所要時間に対する意識と付加的情報の効果」

【J-RAIL】第14回鉄道技術連合シンポジウム in東京 国立オリンピック記念青少年総合センター
 1.榊原充輝,松本幸正,鈴木温 「三岐鉄道北勢線沿線地域における鉄道利用者減少期のトリップ特性の分析」

【土木学会中部支部】平成19年度土木学会中部支部研究発表会 in金沢大学
 1.鈴木忠英,松本幸正 「都市間高速道路における長距離区間の所要時間推定と経路選択行動に関する一考察」
 2.榊原充輝,松本幸正 「東海三県における地方鉄道の利用実態特性に関する一考察」
 3.横田徹,松本幸正,安井俊博 「都市高速道路における渋滞遷移時に着目した車両挙動特性に関する研究」
 4.河戸祐樹,松本幸正,榊原充輝 「利用頻度と総合満足度に着目したコミュニティバス利用者属性の分析」

平成18年度

<審査付き論文>

【日本都市計画学会】日本都市計画学会学術研究論文集,No. 41-3
 1.松本幸正,古井良典,伊東裕晃,松井寛 「暮らしやすさ評価の非線形構造を考慮した生活環境要因の地域特性別比較」

【環境システム委員会】環境システム研究論文集,Vol.34
 1.松本幸正,伊東裕晃,松井寛,古井良典 「暮らしやすさ評価への影響形態を考慮した生活環境要因の分析」

【土木計画学】土木計画学研究・論文集,Vol.23
 1.井上佳和,松本幸正,松井寛,高橋政稔 「目指すコミュニティバス像の属性別の差異に関する研究」

【ITS世界会議】The 13th World Congress on Intelligent Transport Systems  in London
 1.Matsumoto Y, Inatomi T, Matsui H and Noda K 「Accuracy Improvement of Estimated Travel Times from Traffic Counts on Urban Expressway」

【学内紀要】名城大学理工学部研究報告第47号
 1.小野宗助,松本幸正 「PTデータを用いた公共交通整備状況の変化が高齢者の交通利用形態に及ぼす影響に関する研究」
 2.谷幸成,松本幸正,松井寛 「観測交通量を用いた時間帯別OD交通量の推定と配分精度向上に関する研究」

<発表会論文>

【土木学会全国大会】第61回年次学術講演会 in立命館大学
 1.稲富貴久,松本幸正 「車両感知器の設置位置を考慮した所要時間の推定精度向上に関する研究」
 2.井上佳和,松本幸正 「コミュニティバスの運行形態変更に伴う利用実態と利用者意識の変化に関する研究 ~愛知県日進市「くるりんばす」をケーススタディとして~」
 3.小野宗助,松本幸正 「PTデータを用いた高齢者の交通移動距離の差異に関する基礎的分析」
 4.谷幸成,松本幸正,棚橋巌,國見均 「時間帯別OD交通量が配分精度に及ぼす影響分析」
 5.古井良典,松本幸正 「都市部と農山村部における生活環境要因の整備評価の比較分析」
 6.横田徹,松本幸正,稲富貴久 「都市高速道路および都市間高速道路における所要時間の提供方法に関する一考察」

【土木計画学秋大会】第34回土木計画学研究発表会 in大学
 1.井上佳和,松本幸正 「コミュニティバスの運行形態変更に伴う利用者の増減要因に関する研究」

【日本都市計画学会中部支部】第17回研究発表会  in名古屋産業大学
 1.小野宗助,松本幸正 「PTデータを用いたバス路線廃止地域における高齢者交通特性の変化」

【土木学会中部支部】平成18年度土木学会中部支部研究発表会 in名古屋工業大学
 1.小野宗助,松本幸正 「世代に着目したバス利用特性の変化に関する一考察」
 2.谷幸成,松本幸正 「観測リンク交通量のみを用いたOD交通量の推定可能性に関する一考察」
 3.伊藤圭司,松本幸正,井上佳和 「コミュニティバスに対する利用者意識の自治体間比較」
 4.榊原充輝,松本幸正 「トリップに着目した三岐鉄道北勢線における利用者特性の分析」
 5.松尾崇史,松本幸正,鈴木忠英 「高速道路における所要時間情報提供に対するドライバーの意識分析」
 6.宮嶋祐希,松本幸正,鈴木忠英 「渋滞時の追従挙動における交通流ミクロシミュレーションの構築に関する一考察」

平成17年度

<審査付き論文>

【日本都市計画学会】日本都市計画学会学術研究論文集,No. 38-3
 1.井上佳和,松本幸正,松井寛 「コミュニティバスの利用者属性に基づく利用実態と利用者意識の分析~愛知県日進市「くるりんばす」をケーススタディとして~」

【交通工学研究会】第25回交通工学研究発表会論文報告集
 1.黒川卓司,松本幸正,松井寛,堀場庸介 「プローブデータを用いた均衡状態における経路交通量の推定」
 2.稲富貴久,松本幸正,松井寛,松葉一弘 「CART手法を用いた非定常時における所要時間に関する付加的情報の提供」

【土木計画学】土木計画学研究・論文集,Vol.22
 1.堀場庸介,松本幸正,松井寛,高橋政稔 「プローブデータに基づく推定経路交通量への観測誤差の影響分析と推定経路交通量の更新手法」

【東アジア交通学会】Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6
 1.Matsumoto Y, Horiba Y, Fujita M and Hiroshi M 「Estimation of Path Flows and Modification of O-D Flows based on Probe Vehicle Information and Traffic Counts」

【学内紀要】名城大学理工学部研究報告第46号
 1.井上佳和,松本幸正,稲富貴久 「コミュニティバスの利用実態と利用者意識に民営バスが与える影響分析-愛知県日進市「くるりんばす」をケーススタディとして-」
 2.稲富貴久,松本幸正,井上佳和 「名古屋高速道路における車両感知器データを用いた所用時間予測に関する研究」

<発表会論文>

【土木計画学秋大会】第32回土木計画学研究発表会
 1.井上佳和,松本幸正 「コミュニティバスに対する意向の属性の差異に関する研究」

【土木学会全国大会】第60回年次学術講演会
 1.堀場庸介,松本幸正 「不整合入力データのもとでのOD交通量修正手法に関する研究」
 2.稲富貴久,松本幸正,堀場庸介 「CART手法を用いた都市高速道路の所要時間増減予測に関する研究」
 3.井上佳和,松本幸正,堀場庸介 「コミュニティバスにおけるバス停アクセスと属性別の意識に関する研究」

【土木学会中部支部】平成17年度土木学会中部支部研究発表会
 1.稲富貴久,松本幸正,井上佳和 「都市高速道路における車両感知器データを用いた所要時間の推定精度向上に関する研究」
 2.井上佳和,松本幸正,稲富貴久 「コミュニティバスの運行形態改正に伴う利用者意識の変化に関する研究」
 3.小川拓生,松本幸正,井上佳和 「コミュニティバスの運行形態変更に伴う利用実態の変化に関する一考察」
 4.小野宗助,松本幸正,稲富貴久 「公共交通整備状況の変化が高齢者交通に及ぼす影響に関する一考察」
 5.谷幸成,松本幸正,棚橋巌,國見均 「時間帯別OD交通量が配分精度に及ぼす影響に関する一考察」
 6.古井良典,松本幸正,井上佳和 「都市部と農山村部における生活環境要因が暮らしやすさに与える影響の比較分析」
 7.横田徹,松本幸正,稲富貴久 「都市高速道路および都市間高速道路における所要時間の変動特性に関する一考察」
 8.鈴木邦彦,松本幸正,井上佳和 「バス停周辺環境が乗り換え負担感および待ち意識に及ぼす影響に関する一考察」

【ITS EXPOシンポジウム】
 1.稲富貴久,松本幸正,堀場庸介 「所要時間の増減予測結果を用いたドライバーへの付加的情報の提供」