理工学部 建設システム工学科 都市・交通計画系
 

研究実績修論・卒論テーマ


 過去の修論・卒論テーマ一覧


 

 修士論文

【平成24年度】
 加藤良介  コミュニティバス運行形態の変更に着目した住民意識と利用実態・意識の分析に関する研究

【平成23年度】
 中嶋俊介  鉄道サービスレベル向上に伴う交通手段選択の要因変化に関する分析
 日比野亮  都市高速道路における渋滞長の変動を考慮した所要時間情報の高度化に関する研究
 宮地祐麻  鉄道駅に対する利用者意識及び施設状況に基づく空間構成の分析

【平成20年度】
 榊原充輝  利用者属性を考慮した地域公共交通の利用促進に関する研究
 鈴木忠英  高速道路における推定所要時間の誤差分析と情報提供の高度化に関する研究
 横田 徹  高速道路における渋滞遷移時の車両挙動に着目した所要時間変動分析

 

【平成19年度】
 小野宗助  PTデータを用いた公共交通衰退地域における高齢者の交通実態の変遷に関する分析
 谷 幸成  交通量観測地点を考慮した時間OD推定モデルの開発と大規模ネットワークへの適用
 古井良典  地方都市における生活環境に対する住民意識構造の地域特性分析

【平成18年度】
 稲富貴久  都市高速道路における所要時間の推定精度向上と傾向変動予測に関する研究
 井上佳和  利用環境と属性別の意識を考慮したコミュニティバスの運行方針に関する研究

【平成17年度】
 堀場庸介  プローブデータを用いた経路交通量の推定と入力データの更新手法に関する研究

【平成16年度】
 伊東裕晃  住民意識調査結果を用いた生活環境に対する住民ニーズの定量的分析
 黒川卓司  均衡条件下における経路交通量の推定手法に関する研究

【平成15年度】
 松葉一弘  都市高速道路における所要時間幅と増減予測に関する研究
 山中裕喜  鉄道駅へのバスアクセスの現状とコミュニティバス利用促進に関する研究

【平成14年度】
 小杉昌幸  愛知県内市町村の地域特性とコミュニティバスの運行の関係に関する研究

 

 

 卒業論文

【平成24年度】
 鈴木 健  交通流シミュレーションを用いた道路網における信号情報提供時のCO2削減効果に関する研究
 竹中智子  高齢者の運転断念の違いがQOLに及ぼす影響分析
 武田大路  コミュニティバス運行形態変更に伴う利用効率の変化に関する研究
 八幡一憲  PTデータに基づく歩いて暮らせる都市に地域特性と施設の配置状況に関する研究
 岡坂 渓  ドライビングシミュレータを用いた情報提供形式の差異による運転挙動の違いに関する研究
 遠藤開人  形態素解析を用いたアンケート自由記述欄からの回答者特性別による集約意見の分析 
         ~あま市と日進市をケーススタディに~

 中西隆晃  地域特性及びサービス水準から見た適切なバス運行の評価に関する研究

【平成23年度】
 今中 諒  3Dモデルを用いた駅前広場の空間及び空間構成要素に対する評価分析
 大竹真一郎  コミュニティバスの利用頻度の違いが利用者意識に及ぼす影響分析
 坂田暁彦  バス利用者および管理者ニーズを反映したAndroid端末を用いた簡易バスロケーションシステムの開発
 潮見荘悟  インセンティブの違いがもたらす交通行動に対する意識変容の影響分析
 井上直也  スプライン補間理論を用いた都市高速道路における所要時間推定精度向上に関する研究
 梶田直也  潜在需要を考慮したコミュニティバスの顕在需要予測モデルの構築
 大島達哉  ドライビングシミュレータを用いた信号情報切り替わり情報提供システムの構築と
         信号からの距離に着目した車両挙動の分析

 杉浦哲也  住民特性に着目した地下鉄桜通線延伸に伴う交通行動変化への影響分析
 雑賀裕輔  バス情報への地域情報の融合が利用促進に及ぼす影響分析

【平成22年度】
 山本英典  個人属性別を考慮した自動車に対する価値の認識構造分析
 犬飼周平  交通手段選択モデルを用いた愛知高速交通東部丘陵線利用者の特性分析
 加藤良介  バス停間ODに着目したコミュニティバス利用者数の変動要因分析
 和田明久  観光客の散策特性と歴史的町並みに対する評価の関係分析
 岩本留佳  入力条件の変動による時間帯別利用者均衡配分影響分析
 富永美樹  市町村の特性に着目した交通事故増減要因分析
 鈴木 聖  コミュニティバスの運行形態の変化が利用者意識に及ぼす影響分析
 荻原 睦  3D画像イメージを用いた賑わいに基づく心地良い歩行環境の分析
 宮下翔太  コミュニティバス運行の税負担に対する利用者意識の自治体間比較

【平成21年度】
 桝田裕子  歴史的町並みに対する観光客の評価構造の特性分析
 宮地祐麻  交通・街区構造に着目した中心市街地の比較・分類に関する研究
 大澤一平  施設や周辺環境に着目した鉄道駅の特性分析
 近江克哉  再編前後におけるコミュニティバスの利用実態の変化に関する分析
 小崎智哉  来訪者意識から見た清水区商店街の現状と課題

【平成20年度】
 今井 豊  車の燃料価格変動による交通行動の変化に関する研究
 太田雄二  コミュニティバス運行形態の変更に伴う利用者意識の変化に関する研究
 佐藤 暁  高速道路における所要時間信頼性指標を用いた情報提供箇所の検討に関する研究
 国枝大輔  東海三県における地方鉄道の利用実態特性に関する研究
 地種宏和  満足度指標の中間評価を考慮した生活環境要因の経年比較

【平成19年度】
 青山智哉  Wavelet変換を用いた高速道路における所要時間変動特性分析
 榊原寛和  蓄積データを活用した所要時間の増減予測に関する研究
 河戸祐樹  利用頻度と総合満足度に着目したコミュニティバスの運行形態に関する研究
 鈴木大樹  交通ミクロシミュレーションを用いた交通流変化による所要時間変動分析
 安井俊博  都市高速道路の渋滞遷移時における車両挙動の特性分析
 伊藤 良  バス停周辺の特性と潜在需要を考慮したコミュニティバス需要予測に関する研究
 大竹良紀  広域ネットワークを対象としたTDM施策による環境負荷軽減分析

【平成18年度】
 石崎雅徳  時間帯別OD交通量の推定精度向上に関する研究
 板橋直紀  名古屋高速道路における蓄積データを用いた所要時間算出とWeb表示システムの開発
 伊藤圭司  利用者環境の変化がもたらすコミュニティバスの便別利用状況の変化に関する研究
 岩田 充  都市高速道路における車両の時空間挙動モデルの構築
 大口尚之  公共交通の変化に伴う高齢者のライフスタイルの変化の分析
 鈴木忠英  TDM施策の組み合わせによる環境負荷軽減効果の差異に関する研究
 深谷径佑  交通遷移状態に着目した所要時間推定モデルの開発
 松尾崇史  高速道路における情報提供がドライバーに与える影響分析
 宮嶋祐希  渋滞時の追従挙動に基づく交通流ミクロシュミレーションの構築
 榊原充輝  トリップに着目した三岐鉄道北勢線における利用者特性の分析

【平成17年度】
 小川拓生  バス停周辺環境による乗降別の利用者予測に関する研究
 小野宗助  PTデータを用いた高齢者の交通利用形態の変化に関する研究
 重見 大  街路樹の植栽形態と沿道土地利用の違いからみた歩行者の景観評価に関する研究
 谷 幸成  観測リンク交通量を用いた時間OD修正手法の構築と配分精度向上に関する研究
 中根正志  交差点における事故発生リスクと分類に関する研究
 古井良典  生活環境の整備優先度と住民の満足度に関する研究
 横田 徹  高速道路の情報提供がドライバーの経路選択に与える影響分析
 鈴木邦彦  鉄道からバスへの乗り換え待ち時間に対する利用者意識の分析

【平成16年度】
 稲富貴久  高速道路における所要時間の算出基準の違いによる理論的特性と推定手法に関する研究
 井上佳和  高齢者におけるモビリティの確保とQOLの向上に関する研究
         ~愛知県日進市くるりんばすをケーススタディとして~

 大石雅也  任意の道路ネットワークを構成可能な交通流シミュレーションソフトの開発
 落合一将  鉄道=バス間の乗り換え時における利用者意識の分析と施設評価
 畔柳禄壮  生活環境整備が住民意識に与える影響の定量的分析

【平成15年度】
 岡崎裕也  車両感知器データを用いた都市高速道路における所要時間推定誤差の要因分析
 川嵜健志  無信号横断歩道における横断行動と歩行者保護に関する研究
 近藤稔浩  都市部における街並みを活かした街づくりとその効果に関する研究
 酒井 潤  生活道路における歩行危険の現状と対策
 堀場庸介  プローブカーと車両感知器のデータを用いた経路交通量推定手法に関する研究
 高田明典  高速道路における渋滞情報の的確さと提供効果の量的分析

【平成14年度】
 池田 洋  都市高速道路の交通制御シュミレーションモデルの開発
 伊東裕晃  豊田市の市民意識調査データを用いた生活環境整備達成度の経年変化分析
 伊東玲奈  無信号横断歩道における安全確保策に関する研究
 黒川卓司  均衡リンク交通量を制約条件とした経路交通量推定手法に関する研究
 澤木洋一  情報提供の効果と所要時間提供に関する研
 和田良成  GISを用いた瀬戸市におけるバス停の利便性の分類と表現に関する研究
 久保陽一  愛知県内における自主運行バスの運行実態に関する研究

 

▼もどる